WORKING SYSTEM はたらく環境・制度

CAREER PATH -キャリアパス

株式会社パラミックスのキャリアアップ

株式会社パラミックスのキャリアアップ

プログラマーから始めて技術を究めるか、マネジメントのプロになるか。無限に広がる可能性とキャリアパスを、パラミックスの育成スキームで実現してください。

プログラマー(PG)

プログラミングの開発言語や技術の基礎部分を身に付けます。いわゆる下流工程を担うことができるスキルを習得することで、エンジニアのキャリアパスが始まります。
プログラマーの役割を建築に例えると、現場で家を建てる大工さんです。

システムエンジニア(SE)

システムの設計や要件定義を行うのがシステムエンジニアです。単にコーディングされたものをシステムに載せるだけでなく、仕様書の意図や技術を読み取り、そこから多くのことを学ぶことでSEとしての技量が向上します。
プログラマーから始めて、早い人だと5年程度でSEとして活躍できるようになります。

プロジェクトマネージャー(PM)

プロマネ、PMとも呼ばれるプロジェクトマネージャーは、システム開発の司令塔です。小さいものでも数千万円、大きいものだと億単位のプロジェクトが一任され、人材の手配や費用、納期などの管理を行います。
そしてこのキャリアから先には、特定の技術を究めて「職人」になる道と、「マネジメントのプロ」を目指す道があります。どちらもシステム開発のプロとして貴重な人材であることに変わりはなく、システム開発に関わる全ての人が目指すキャリアです。

コンサルタント(ITC)

ITCとはITコンサルタントのことです。情報システム開発の最適なあり方は、お客さまによって千差万別です。ITCはそれぞれのお客さまに応じた最適なシステムの形を構築し、提案します。お客さまとの高度なコミュニケーションによって課題の本質を捉え、ITのアプローチで何ができるかを考えて形にしていくITCは、システム開発人材のキャリアパスとして最終形のひとつといえるでしょう。

そして、あなたがパラミックスのビジネスパートナーに。

パラミックスは、場所や身分にとらわれない自由な働き方を提唱しています。エンジニアとしてキャリアアップした人には、そのまま会社で活躍するだけでなく、フリーランスや独立といった選択肢もあります。パラミックスはそれぞれのキャリアパスを尊重しているので、ご本人が希望する形で活躍できることが一番だと考えています。
フリーランスや独立の道を選んだ方には、パラミックスのパートナーとして安定的な環境で活躍していただけるよう態勢を整えています。